岡崎市 内職

家事と育児の合間に!数分から始められる内職!

独身や夫婦だけの時は、共働きだったのもあり、時間もお金も自由に使っていました。けれど子供たちが生まれてからというもの、育児と家事に追われる毎日。

しかもわが子の為ならと、意外とママ友との交友費って、旦那さまには分らないでしょうが、結構かかるものです。それに加えて。誕生日やらクリスマスなどのお祝いは、御馳走や外食とおもちゃなど…子供の年齢が上がるたびに、出費もかなりのもの。

働きたくても、何かと幼稚園や学校、病院と…家の出入りが多くて無理で、もうどうしようかと色々ネット検索していると、私のような御家庭があるある(笑)そこで私はネットでの内職を知ったのです。

アフェリエイト、モニター、ライター、くちこみサイト、情報商材など、巷には色々な内職があります。色々やってみましたがその中でもお手軽なのは、ライターやモニター、またはポイントサイトでしょうか。

色々と登録してみて、特徴を知って慣れてゆく度に内職時間の有効活用が出来てきます。稼ぎたいけれど、育児も家事もおろそかにする訳にもいかないので、私はもっぱら子供たちが通園通学、お昼寝、夜やっと就寝してから、飲み物を飲みながら気楽にやっています。

意外とその隙間の時間の積み重ねがお金になり、ぼーっとテレビで時間を消費する位なら程度の気持ちが、長続きする秘訣かもしれません。出来るときは一気にやりますが、一日大体1~2時間をネット内職に費やしているでしょうか。

もちろん子供の体調などにもよるので、出来ない日も結構あります。でも貯まったら、念願のディズニーランドと自分で目標を立てていて、それも子供達の為となれば頑張れます。でも頑張ると言っても、ただパソコン一台さえあれば、誰でも簡単に楽に出来るんですけどね。内職の案件も選べ、数分~15分程度の物を多くやっています。

上司や同僚、取引先とのやり取りもないので、本当に気楽です。外に出ればそれなりの金額も稼げるでしょうか、子供たちの成長も身近で感じながら、合間で稼ぎたい…そんな御家庭にはネットでの内職は、うってつけでしょう。是非色んな内職があるので、探してみて頂きたいと思います。

デジタルカメラ部品、製作の内職について

初めに行ったのは、機械が部品を5×5mmの大きさの部品を枠に決まった方向でセットするという作業でした。機械が拾い上げるため向きを整えるのですが、指紋がつくと不良品となるためピンセットで作業しました。

初めは難しくて600個をセットするのに40分以上かかることもありましたが、慣れてくると20分以内に時間が短縮できるようになりました。部品の掴みやすい部分を見極めることがコツで、これが出来れば作業効率は向上します。

一度に二個の部品を掴んで設置したり部品と作業代の位置を工夫する事でスピードが上がるのは快感でした。単純作業で力も必要ないため作業に没頭しやすく、ノルマも厳しくないので半年以上続ける事ができました。

これからこの部品を拾い上げる作業をされる方へのアドバイスとしては3つあり、1つは座り仕事なのでクッションを必ず置き、30分~1時間ごとに休憩を取り軽い運動をすること。地面にお尻を付けたままだと血行が悪くなり腰を痛めやすく、痔の原因にもなるのでこまめに体を動かしましょう。

2つ目は作業で手を動かす距離を最短になるように作業台での道具や部品を置く事。手を動かす距離が2cm短縮できるだけで全体的な作業時間は短縮できます。興味の有る方は人間工学の本を読んでみると細かい知識が手に入りお勧めです。

3つ目は音楽を流す事。余計な雑音が消え集中できる上、音楽で大体の作業ペースが分かるため時計を見る手間が慣れてくると不要になります。またお気に入りのCDを何度も聞いていると作業が自然とリズミカルになり決まったペースで仕事が出来るようになります。

単調な作業なので目標を持ちながら飽きない工夫をすると楽しくなりますよ。

私が内職をしようと思った経緯と感想をまとめます

私は、今40代前半です。今年で結婚して17年になりますが、結婚するまではシステムエンジニアとして、情報処理関係の会社に勤めていました。しかし、結婚して子供ができたのをきっかけに、会社を退職してしまいました。退職後に2人の子供が出来て、今年下の子が12歳になるまで、様々なお小遣い稼ぎをしてきました。

まず、データ入力会社に登録し、自宅でデータ入力の仕事をしました。作業は家でやりましたが、毎日納品に行かなければならず、またあまりにも仕様が細かく厳しいわりには、とても単価が安く2年ほどして辞めてしまいました。

その後、勤めに出たほうが結局割が良く稼げると思い、いくつかの短期パートをしてみました。その頃、家の近所で短期パートの仕事を探すと、流通関係の力仕事くらいしかありませんでした。短期のデータ入力の仕事があれば、とも思いましたが、ブランクがあったので自信がなかったのと、実際に事務職の短期の仕事が無くやむを得ず力仕事もしてみました。

力仕事のパートは、確かに手っ取り早くお金を稼ぐことはできましたが、体力的に厳しいものがあり短期の契約期間が満期になった時に延長手続きはせずに終わりにする事に決めました。

その後、ある経済情報誌を見ていて在宅ライターの仕事を知りました。そして今、家でライターの仕事をするに至っています。この仕事のいいところは、作業するうえでの時間的な拘束はありますが、人間関係の余計な煩わしさが無いのがいいところだと思います。収入は、パートほどではありませんがこれからもこの仕事を続けていきたいと思っています。

必要なものはパソコンだけ!内職はライターの仕事がおすすめです!

副業をしたいと思っていたのですが、会社で禁止されており、時間も取れず、断念していました。あるとき、在宅でできるライターの仕事があるということをネットで見つけ、興味をもちました。

私が始める前は、在宅でできるライターというと、高い教材を買わされたりするのではないかと不安に思ったのですが、そのようなことはありませんでした。まずは登録をしてみて、どのような仕事があるかを見てみました。

内容は、あるキーワードをテーマにして500文字以上の記事を書くとか、そういった内容が主でした。パソコンとネットに接続できる環境あれば、すぐにでも始めることができます。

一般的なイメージのある内職は過去にもやったことがあるのですが、まず内職するための商品を取りにいって、終わったら、また納品に行く必要があり、さらに納期も厳しいわりには時給換算ではいくらにもならないというものが多かったです。

内職用の部品もとても重く、腰を痛めたりしました。在宅でのライターの仕事は自分が空いている時間を利用して、書けそうなテーマがあれば、その場ですぐに仕事ができます。

自分の書けそうな好きな内容を選んで仕事ができるため、非常に時間の融通がききます。時間がいっぱいあるときは多めに仕事をして、ないときは仕事をしないというようにしています。1つの仕事は最短5分程度でできるものもありますので、1日30分だけ行うということもできます。

ライターでの1つあたりの単価は低いですが、一般的な内職と同じかそれ以上は稼げると思います。私の場合は、時給換算で300円くらいです。文章を書くのが得意な方でしたら、600円以上もできそうな気がします。

仕事が終わったあと家にいる時間を生かしてお小遣いを稼いだり、赤ちゃんがいてなかなか家を出れない専業主婦の方など、多くの方におすすめです。